GPMD グローバルPM特性データベース

  1. Home
  2. 工業会について - 工業会賞(2008年度(平成20年度))

工業会賞のご紹介

2008年度(平成20年度)

上下にツバを有するFANモータ用抜け止めリング

上下にツバを有するFANモータ用抜け止めリング
ポーライト株式会社
MIM法を用いず、従来法で小物の2つの薄肉部品を組み合わせる技術(圧入)力、抜け止め機構に採用するアイデアを実現させた点及び月30万個の量産実績が評価されました。

エンジンの新可変動弁システム用VVELに用いられた焼結部品

エンジンの新可変動弁システム用VVELに用いられた焼結部品
三菱マテリアルPMG株式会社
日産自動車株式会社
7000rpmを超える回転数を保証する新しいVVEL機構に焼結材が採用され、今後も拡大していく可変動弁システムへの用途拡大に寄与した点が評価されました。

可変バルブリフト用焼結アームの開発

可変バルブリフト用焼結アームの開発
株式会社ファインシンター
内径ヘリカルギヤを有する外周異形状のニアネット成形と成形体加工を組合せた点、今後も拡大していく可変バルブリフトの新機構部品を焼結化した点が評価されました。

スプロケット一体型2段カムロブの開発

スプロケット一体型2段カムロブの開発
日立粉末冶金株式会社
吸気・排気カムロブとスプロケットの3部品一体化を実現し、カム部の高周波焼入れ条件を確立した点が評価されました。

電動式VCT用サイクロイド減速機部品の開発

電動式VCT用サイクロイド減速機部品の開発
住友電気工業株式会社
ピン強度の確保のために連結した形状とし、後加工でピン形状を創成した点、電動式VCT用のサイクロイド減速機部品に採用された点が評価されました。

内径にヘリカル溝を有する建設機械用ブッシュの開発

内径にヘリカル溝を有する建設機械用ブッシュの開発
日立粉末冶金株式会社
ヘリカル成形技術をギアではなく摺動性能向上のための溝として応用し、かじり防止を大型軸受で達成した点が評価されました。

薄肉4WDトランスファー用プラネタリキャリアの開発

薄肉4WDトランスファー用プラネタリキャリアの開発
住友電気工業株式会社
大型焼結部品をロウ付け方法の工夫により部品の共用化を実現し、なおかつ精度確保と軽量化、薄肉化を実現した点が評価されました。

電子制御式ロータリーステアリングダンパー用ベーンのアルミ焼結化

電子制御式ロータリーステアリングダンパー用ベーンのアルミ焼結化
株式会社ファインシンター
新しいステアリングダンパーシステムに単純形状の押し出しでは無く、内スプラインを持ったベーンをアルミ粉末でプレス焼結化した点が評価されました。

ディーゼルエンジン可変ノズル式ターボチャージャー用焼結ギア

ディーゼルエンジン可変ノズル式ターボチャージャー用焼結ギア
三菱マテリアルPMG株式会社
全工程にわたって徹底した最適化を図り、高精度化を実現、可変ノズル式ターボチャージャー用部品へ採用されたことが評価されました。

ディーゼル車向けインジェクタ用磁気部品の開発

ディーゼル車向けインジェクタ用磁気部品の開発
日立粉末冶金株式会社
欧州ガス規制(EUROV)に対応するコモンレールに対応した高磁気特性部品用材料を実現した点が評価されました。

真空シンターハードニング技術を用いた焼結ハイスベーンの開発

真空シンターハードニング技術を用いた焼結ハイスベーンの開発
住友電気工業株式会社
真空焼結炉を利用して熱処理を同時に行い、消費熱量を1/2以下、約30%のコストダウンを達成。省エネルギー化した製造法である点が評価されました。

成形性と強度を兼ね備えた快削鋼粉

成形性と強度を兼ね備えた快削鋼粉
株式会社神戸製鋼所
寸法精度確保上、切削対応部品が増加している中で、成形性と被削性が良く、焼結部品の複雑化、薄肉化にも対応している点が評価されました。

雄ネジを有する電動サンシェード用多段ギア

雄ネジを有する電動サンシェード用多段ギア
住友電気工業株式会社
設計当初からデザインインすることで、部品点数の削減、高負荷対応の異形ギア・長尺ボスの型出し化を可能とし、鍛造品から焼結化した技術が評価されました。

ターボチャージャー用焼結拡散接合耐摩耗部材の開発

ターボチャージャー用焼結拡散接合耐摩耗部材の開発
日立粉末冶金株式会社
従来材(トリバロイ)よりも優れた耐摩耗性を有する材料を開発し、接合技術により異なる特性を有する焼結部品への対応を可能とし、用途開拓を行った点が評価されました。